中津神社の秋まつり

この一週間 楽しいことで昼間身体を動かしすぎで パソコンを開ける間もなく 寝入ってしまいました。

今日は まとめて楽しかったことを振り返ります。

b0132746_23241230.jpg


土曜日と 日曜日は 中津神社の秋祭り。

息子が 若中(青年団)で だんじりに乗り 獅子舞を舞い 私は炊き出しの手伝いに行き この地域で
暮らせる幸せを 感じました。

b0132746_2330446.jpg


みんな知り合いの地元の人 30人位しか引いてないだんじりが 稲刈りの終わった田んぼの間を
ゆっくり歩いていきます。

b0132746_23325492.jpg


こんな木立の中の狭い道も いきます。

この先の家で 休憩時には そのおうちがお菓子やお茶で接待してくれます。

b0132746_23351250.jpg


登りは 大変! 一人でも力をゆるめたら ピタッと動かなくなるので みんな手を真っ赤にして
掛け声かけて引っ張ります。

b0132746_23373222.jpg

下りもスリルです。
スピードをおさえるのは ほんの数人の若者たち。

登ったり下りたりの 繰りかえしを 祭りの替え歌を歌って 合いの手いれながら のどかな里山が
祭りの晴れの日を迎えて 喜んでいるみたいに思えます。


b0132746_23461360.jpg


お昼休憩のだんじりに乗り込む子供たち。
一人前に太鼓も 歌も 歌えます。
祭り好きは 次の世代に伝えられ 地元への愛着も育っていく。 

b0132746_23514044.jpg

夜は 提灯をつけて お宮さんにあがります。
だんじりが この坂登の!?って言うくらい 急で細い坂を みんなであげる時が一番ハラハラドキドキ
で 楽しいです。

b0132746_035845.jpg

b0132746_002173.jpg


中津神社にだんじりがあがってから 神前で ほてい相撲をします。

ほてい相撲とは 氏子の男の子が 裸になって 行司さんと相撲の取り合いっこみたいなことを
します。

行司さんの両脇にかかえられ 西の勝ち~ 東の勝ち~ って 取組のまねごとをして 両方に
お供えの鏡餅のおさがりがもらえます。

それが終わって 獅子舞の奉納。

この為に 一か月ほど毎晩神社で練習して 夜になると 太鼓の音が山に響いていました。

かがり火炊いて 森の中にある神社で 太鼓の音だけで やぐらの上で舞う獅子舞。

オーブ(たまゆら)が 写っているのは 森の精が喜んでいるからだろうなっておもいます。


仕事の為に村を出ている息子たちが帰ってきて にぎわいをみせるお祭り。

この若者たちが 地元で家庭をもち 子育てできるように 自然の恵みを生かした仕事があればいいのに
 
日本の原風景がのこってる このお祭りがいつまでも続くようにと 願います。
[PR]

by yuinosato | 2012-10-25 23:24
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line