<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


外遊びの会から 父子で作業に来てくれました。

河南町で お母さんたちが子供を自然の中で育てようと立ち上げた自主保育の会 ”さくらんぼ”。

小学2年のお兄ちゃんと お父さんが 里山整備に来てくれました。

今日は 遊ぶだけじゃないよって。

男の子三人。 お父さん2人。 はるか(女子)一人。  何だか 張り切っちゃいます。

まず、 のこぎりを腰にぶらさげて 扱い方の説明から。

扱い方を間違えたら 怪我することも よーく分かってもらいました。

お昼ご飯は 自分たちで焚火をして 飯盒で炊きます。

おかずは おみそ汁。

地面がぬれてる時の焚火の仕方。

竹を敷いて 地面の湿気が火を消さないようにして 木の枝に引っかかって乾燥している杉の葉っぱをあつめます。


ライターも初体験で使いました。

焚火ができなかrったら お昼ごはんが食べられないとなると みんな真剣に薪集めしました。

b0132746_0364364.jpg

焚火にどうして 飯盒をかける?

H君のアイディアで 3本の木を結んだ台を2つ作って そこに棒をわたしました。

b0132746_0411081.jpg
b0132746_0414374.jpg

ご飯もお味噌汁も 美味しくできて 何回もおかわりしました。


さあ 休憩してから 森の整備に出発です。

b0132746_0432638.jpg

落ち葉が積もって ふわふわな地面の広葉樹の森で 枯れた木や 歩くのに邪魔な枝を片付けていきます。

もう 子供も大人も 作業に夢中で どんどん森がきれいに片付いていきます。

b0132746_04721.jpg

絡まったつるをほどいていきます。

b0132746_0475339.jpg

絡まれてたのも 太いつるでした。 これも 切っちゃえ!

高いところで木に絡まっていて ひっぱてもびくともしません。

あれ! ターザンみたいにぶら下がれるぞ!

b0132746_0494774.jpg


ア~アア~~!  結構な高さで スリル満点!

お父さんがしても はるかがしても 大丈夫でした。

b0132746_05444100.jpg


お母さんにおみあげは 整備したつると 収穫した枝豆。

いっぱい動いて 森もきれいになって 嬉しいでした。


つるが 枯れてしまわないうちに スリル満点のターザンごっこしにきてね。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-28 00:59

台風の影響を避けて 今週も家族で遊びに来てくれました。

火曜日は お泊りの里山体験で おばあちゃん おじいちゃん 息子さん2人とその家族。

3世代 みんなそろっての初めてのお泊り体験に 結の里を選んでくれました。

野草酵素で おなじみのおじいちゃんおばあちゃん。

焚火をしたり 森探検に行ったり シイタケ採ったりして 初めての体験をいっぱいしてもらいました。

森探検で 手を使わないと登れない斜面で 木の根っこに ”根っこさん ありがとう。”って お礼をいいながら
掴まって登るTくん。

森に住んでいるこびとさんのことを 一生懸命お話してくれました。

大人が見えなかったり 感じないことも 素直な心で受け止められるみたいで その感性に感動します。


又 いっぱいこびとさんの話聞かせてほしいです。



今日は 遠足できた母子がお友達をつれて来てくれました。

b0132746_034954.jpg


池や川の水が大好きで ピチャピチャしたり石を投げたり。

ツリーハウスも お気に入りになりました。

b0132746_0353353.jpg

b0132746_0355515.jpg

雨続きで 巨大化したシイタケ。

ずっしり重たい 顔よりおおきなシイタケを採って おみあげとお昼のおかずにしました。

森の探検しながら つるでリース作って 木の葉や木の実を巻き付けてました。

熟してとろとろの 甘ーい柿も食べながら 山歩き。

ログに帰ってから 枝豆の収穫。

b0132746_0402667.jpg

里山をくるっと まわっただけでいっぱいのおみあげが出来ました。

秋の実りに感謝しながら 森探検 楽しいでした。



 
[PR]

by yuinosato | 2013-10-27 00:42

中津神社の秋祭り PART2

祭り2日目も 朝から しっかり雨。

でも だんじりに合羽を被せて 曳き手も合羽を着て 予定通りのコースを歩きます。

朝早くから 稲刈りの終わった田んぼの中を だんじりがゆっくり通ります。

b0132746_0441932.jpg


この日は Yちゃん母子が 加勢に来てくれました。

お昼ご飯も 地元の人にまじって おにぎりやからあげコロッケをいただきました。

休憩して 出発する時 雨が激しくなったので ”小さい子 みんなだんじり乗れや”って

b0132746_0491260.jpg

だんじりの中が 保育園状態です。

b0132746_0501696.jpg

だんじりから見える景色は どんなんかな?
次は この子たちが 伝統を受け継いでくれること間違いなしです。

夕飯にカレーをみんなで食べて 最後の曳行には やっと雨があがりました。

最後のお宮さんまで もう少し。

お名残りおしいみんなの気持ちが伝わってきます。

b0132746_151393.jpg


団長の ”さしゃげて! さしゃげて!”の掛け声で だんじりを持ち上げます。

みんな疲れ切ってるのに 何てことさせるんやって思いますが みんな楽しそうなんです。

小学生の男の子4人組が 大人が引っ張るところを担当して得意げです。

b0132746_182954.jpg

だんじりの真ん中には 団長の愛娘(1歳)が 堂々と合図を送っています。

b0132746_1102161.jpg

それに 答える青年団たち。  ええ感じです。

神社に帰ってから 雨の中 無事 事故や怪我なく終えられたことの感謝の気持ちや 今年の祭りが終わってしまう寂しさを 今年は特に感じました。

祭りを支えている地域の人たち だんじりで回った地域の景色 祭り大好きな子供たち。

岸和田のだんじりみたいにエキサイティングではないけど 地域の人のコミュニティーが温かく 
いろんなことに ありがとうの気持ちがいっぱいの中津神社の秋祭りです。

だんじりを だんじり小屋に収める頃に 杉の木の間から 虹色の輪っかの中にまん丸いお月様が
覗いていました。

お祭りで楽しかったみんなの思い お月さまが ”ちゃんと 届きましたよ。”って言ってるみたいに
そっと 覗いていました。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-23 00:57

中津神社の秋祭り

19日 20日の土曜日 日曜 中津神社の氏子たちで だんじりの曳行 獅子舞の奉納がありました。

2日共 雨模様でしたが 改めていいお祭りやなって思いました。

b0132746_2358464.jpg


息子たちは 朝6時に集合で 神社で祈祷を受け 8時に 村中へ出発。

一番に 家の前まで登ってきます。

b0132746_004395.jpg


ただ歩いて登るだけでも しんどい坂を 朝一番に登るのは 見ていてもしんどく大変そうでハラハラします。

b0132746_03332.jpg


Uターンして下る時も そのまま崖にころがって行かないかと ハラハラです。


b0132746_052276.jpg


交通整理してくれてる 駐在のお巡りさんも 見かねてだんじりをおしてくれてます。


お昼から Mちゃん母子も加勢にきてくれました。

b0132746_071225.jpg
b0132746_074912.jpg

Nっちゃんも Aちゃんも 綱引きの特訓のように力いっぱい引っ張ってくれました。

だんじりが休憩する先のお家が お茶やお菓子の接待をしてくれます。

あったかいもてなしで 村の人みんな知り合いで庭先でワイワイしているのが ひとつの家族みたいです。

お昼ごはんや 夕飯も おにぎりやカレーをお世話役が作ってもてなしてくれます。


土曜日の夜は 中津神社まで みんなでだんじりを宮入させて 獅子舞の奉納です。

b0132746_0181139.jpg

b0132746_0205725.jpg


狭い舞台の際で 獅子頭を スクワットしながら 振り上げたり振り下ろすのは 大変です。

でも 小さい時から獅子舞を見ている息子は その面白さを分かってるみたいで 熱心にきれいな型に成るよう練習してました。

b0132746_019316.jpg

肩車しながら舞う アクロバットみたいな獅子舞もあります。

同じ地域で育った若者が仲良く 地域の文化芸能を受け継いでいって 年配がそれを見守っている。

雨でも あったかい気持ちになりました。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-23 00:31

晩秋の気配がしてきました。

今週始めは 泥遊び 水遊びしたくなる夏みたいな気候だったのに、 台風が往ってから秋を通り越して
晩秋の気配です。

朝 外にでると 冬の匂いがしました。

b0132746_22115457.jpg
b0132746_22123013.jpg


稲刈りの終わった田んぼも 寒そうに見えます。

台風にも倒れないで 美味しいお米になっている最中の風景です。

昨日 田んぼにカエルを探しにいきましたが 一匹もいませんでした。

あんなに ピョンピョンいっぱいいてたのに みんなもう土の中に隠れちゃたのかな?

冬支度の生き物たちに習って 衣替えしなくては。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-17 22:19

4家族が 遊びに来てくれました。

結の里 初体験の方たちです。

母子3組が お友達同士。

一組がご家族で参加。 子供たちは 小学校1年から 3歳まで。

初めまして よろしくね。  きっと 仲良くなれるよ。

b0132746_21321885.jpg


森の中にはいったら 空気が涼しく変わったのが分かります。

ツリーテラスで 丸太のすべり台でウォーミングアップ。

楽しくって なかなか次に進めません。

b0132746_21361027.jpg
b0132746_21364630.jpg

森のブランコは やっぱり気持ちいいですね。

今日は 焚火でご飯を炊くので 薪を集めながら ツリーハウスの森へ行きました。

焚火の薪を一生懸命集める子供たち。

もう自由に森の中を 動き回って楽しいこと見つけています。

竹の枝にウインナーをさして 焚火で炙って食べました。

飯盒で炊いたご飯も出来上がり。 でも お皿がない・・・・・・・・。

大きな葉っぱに おにぎりにした飯盒ごはんをのせました。

森の中で 焚火で炊いたご飯 葉っぱのお皿。 特別な味がしましたね。

b0132746_2144262.jpg


ご飯の後は マシュマロを焼きながら ちょっと休憩。

焼き芋も 美味しくできました。


今日の森探検は くぬぎの山のてっぺんまで行きました。

手を使って よじ登る急な斜面も みんな一緒だと楽しいね。

ずんずん先に登って行く子供たち。 てっぺんに行けた記念につるで 王冠を作りました。


さあ 帰りは お尻で豪快に滑って降ります。

森の土は ふかふかでおしりはちっとも痛くありません。  


ログハウスに帰ってからは 稲刈りのお手伝い。

b0132746_21533379.jpg

みんなに手伝ってもらって 稲刈り終了!

おみあげの枝豆。 柿は お兄ちゃんが枝を引っ張ってくれてるので 自分で採れました。

b0132746_21552846.jpg


田んぼの泥遊びは 足だけのつもりがやっぱり 泥星人3日連続で現れました。

風邪ひかないように お風呂に入って 夕日がきれいなだんだん畑で 草すべり。

知らないお友達と 帰りたくなくなるくらい仲良く遊べて 楽しいでした。

今度は もっと遠いところまで森探検しましょうね。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-14 22:00

稲刈りに3組の家族が手伝いに来てくれました。

昨日に続いて 稲刈りです。

今日も 暑いくらいの秋晴れのいい天気。

結の里によくきてくれるI母子 M母子 それにYちゃんが初顔合わせでした。

みんな泥遊び 結の里の自然と遊ぶのが大好きな子供たちです。

”今日は 遊びじゃないよ 稲刈り手伝いだよ。”っといっても 楽しい方へ心がむくのは 当たり前。

b0132746_21544269.jpg


午前中は お母さんが稲のはざかけがんばってくれました。

子供たちは・・・・・?


ツリーテラスで 滑り台や2階に登って 遊んでいます。

その帰り 泥の田んぼは素通り出来ず 泥星人 2日続けて現れました。

”さあ お昼ごはんにしよう”って 準備してると お宮さんからだんじりのお囃子が聞こえてきます。

だんじりの試験引きが 始まったもようで ワクワク 覗きに行きました。

b0132746_220370.jpg


坂道を ちょっとの人数で引っ張ってるので みんなだんじりも 手伝わなくっちゃ!

大急ぎで お昼ご飯食べて 稲刈りの続きして 遊んだ後片づけもしなくっちゃ!

b0132746_223950.jpg
b0132746_2235731.jpg
b0132746_2241699.jpg


子供たちに やる気スイッチが入りました。

b0132746_226256.jpg


だんじりがお宮さんに帰ってくる前に はざかけ終了。

お囃子の音が近づいてくるので 急いでかけつけます。

b0132746_228153.jpg

b0132746_229565.jpg

子供たちも お母さんも 手が痛くなるくらい 一生懸命綱を引っ張って お宮さんまでだんじりを
あげるの 手伝いました。


b0132746_22111381.jpg

地元の子供たちの為にって 大工のTさんが造ってくれただんじりに 乗せてもらいました。

太鼓も叩いて 嬉しかったね。

結の里にいっぱいいいエネルギーをふりまいてくれてるので 鎮守の神様からのご褒美かも。

おみあげは たわわに実った枝豆。

秋の実りに感謝して お祭りも手伝えたことに感謝して 今日も一日大満足でした。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-13 22:04

稲刈りを手伝いに来てくれました。

土曜日 K保育園が帰った後 Mちゃん家族がやってきました。

今日は 稲刈りのお手伝いです。

b0132746_2129435.jpg


子供たちが 稲を運んで パパ ママが はざかけしていきます。

裸足が大好きな子供たち。 田んぼを動き回って しっかりお手伝いです。

稲を刈った株あとが 走るコースみたい。  

b0132746_2134384.jpg


みんなの影が 夕日で長ーくなるまで 田んぼで働いて楽しいでした。

おみあげは 畔になってる枝豆。

沢山実がついてるのを 根っこごとよいしょ!って抜いて持って帰りました。


夕日をだんだん畑で見て 柿を食べて 草滑りして。

b0132746_21382847.jpg


 動いた分だけ充実 大満足の 秋の一日でした。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-13 21:40

K保育園が親子遠足で 遊びに来てくれました。

土曜日 秋晴れで気持ちのいい風の中 観光バスで到着した親子がやってきました。

毎年この時期に来てくれてるので 年長さん 年中さんは 期待でワクワクといった顔です。


先生方は 2回も下見と整備に来てくれているので 段取りもバッチリ!

まずは 組ごとの記念写真を 稲穂 枝豆 柿の 秋の実りをバックに撮りました。

b0132746_21143886.jpg


お父さんの参加が多くて 森に出発していく後ろ姿が頼もしいでした。

時間差で到着する親子が 記念写真撮ってから次々森に入っていって 遠くの方から歓声が聞こえてきます。


山のてっぺんから 米袋をおしりにしいて滑り降りてきた年長さん。

みんな笑顔でほっと一安心です。


だんだん畑で おにぎりを食べようとしていると 何やらお母さんが子供たちに見せて触らせています。

b0132746_21194968.jpg


何と! 大きなシマヘビ!

だれも キャーキャー言わずに おっかなびっくりでも そっとさわって感触を確かめていました。

ヌルヌルしてないって。

お昼ご飯の後は 栗を拾ったり 柿を採って食べたり だんだん畑の斜面を滑ったり・・・・。

そして 最後は泥遊び。

足だけつけるのかな?って思ってたら パンツいっちょで全身泥だらけの 泥星人が現れました。

バスの時間ぎりぎりまで 秋の結の里を楽しんでくれてありがとう。

又 来年も来てくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-13 21:26

今日の里山整備は 石釜制作になりました。

いよいよ 結の里に念願の石釜が 誕生しました!

焚火で お料理も楽しいけれど 石釜でピザやパンも作って食べたい!って ずっと思ってました。

でも 材料購入から制作まで いちから自分でする技術も知識もないし・・・・・。

かといって 既製品の石釜も味気ないかな?

あれこれ ネットで調べていて目にとまったのが パードレって会社です。

釜はセラミックでできていて 石みたいに重たくなく 石釜の形もドーム型でいい感じ。

おまけに新製品で モニターになれば半額!

抽選に当たって 今日は設計、販売 営業をしているメーカーのYさんがわざわざ組立のお手伝いに
来てくれました。

里山整備のメンバー 3人も興味深々で作業開始です。

まず 土台をしっかり手直しして 断熱材を石釜の形にカットします。

b0132746_21321456.jpg


10個ほどのパーツに分かれた セラミックの窯を組み立てるのに テープで養生してから接着の
耐熱セメントを5ミリ程の厚さに塗ります。

b0132746_21314985.jpg

 
メーカーのYさんも こんなに女性に囲まれて 石釜制作したことはないでしょうね。

私が お昼ご飯作ってる間に 楽しそうな笑い声とともに 石釜のドームが出来ていました。

b0132746_21385511.jpg


お昼は みんなでおしゃべりしながら 採れたて湯がきたての枝豆も食べました。

Mっちゃんたちが先週 徳島まで行った麻フェスティバルの話を 興味深そうに聴いてるYさん。

麻で町おこしや 森の木の葉でビジネスの話で ”実は 徳島の大学出ていて OB会の幹事をしていて
徳島で 大学 公共 市民が一緒になって町起こしすることの話がでてるんです。”って。

金剛山に小学校の時登って 山好きになったとか。

ネットでたまたま見つけたメーカーの担当の方と 以外な繋がりにびっくりでした。

b0132746_21521217.jpg


お昼からは 出来たセラミックのドームに断熱材を被せ アルミホイルでカバー。

後は 土やモルタルで 装飾して自由に形作れば出来上がり!

b0132746_215242100.jpg


"出来た!”って 喜んでると ”これからですよ。”って。


”これから 石釜で美味しいお料理いっぱいつくってくださいね。”って

自分で設計した石釜で みんなが笑顔で美味しいお料理食べてることが 喜びなんでしょうね。


里山の恵みが 石釜でより活かしていきたいなって思います。

仕上げをどんな風にしようかな?

ピザパーティーも 楽しみです。
[PR]

by yuinosato | 2013-10-11 21:32
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line