<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


春は 休憩中 お名残りおしい冬の登場

今日は お昼から 冷たい雨。

お昼の2時で 外の気温は6度でした。

金剛山は どんなに寒いかと ネットで調べると なんと! -0.6℃!

ライブカメラでみると なんと! 雨ではなく 雪が降っていました。  

地面や草木も白く 少し積もっているようです。

4月の中旬に 雪が降るなんて 桜もびっくりです。

ロープーウェイの周辺の桜は 今が見ごろ。  麓で桜。 頂上で雪景色。

今日 金剛山登った人は 2つの季節を楽しめて ラッキーだったでしょうね。


明日は 第2金曜日ですが 里山整備は ありません。

来週の19日に 変更しますので 参加の方よろしくお願いします。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-11 17:36

春が木や花を目覚めさせてます。

今日も 一日庭で掃除しながら 草や木を見て遊んでいました。

一か月前のもみじの木。 はだかんぼの枝の先に丸い膨らみがみられます。
b0132746_2295026.jpg


丸い膨らみから 葉っぱと房になってもみじの花がでてきています。
b0132746_2212482.jpg


同じく一か月前は はだかんぼうだった木香バラ。
今日は 燭台のロウソクみたいな 花のつぼみが枝の先々についています。
b0132746_22213922.jpg


足元には 小人の国のきのこみたいなかわいい植物が。
b0132746_2225148.jpg


ゼニコケの胞子かな? 知ってる人 教えてね。

寒い冬は 今の芽吹きの為に。  今日は 明日の素敵な日の為に。

知らない間にでも 季節は歩みを止めることなく変化していくのを ワクワクして見てました。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-10 22:13

玉祖神社に行ってきました。

外環状線を 北に走っていると 金剛 葛城の山々が遠くにそびえていて 藤井寺をすぎるころか
広葉樹の森が近くに見えてきます。

去年から ご縁ができた玉祖神社に。

b0132746_211029100.jpg


背後の山は 産毛みたいにやわらかそうな木々の新芽で 山ごとなでたくなります。

b0132746_21133748.jpg

玉祖神社のクスノキも 春のエネルギーに 満ち溢れていました。

そこで 出会った楽しいこと。

b0132746_21154848.jpg


以前知り合った アーティスト牧江さんが 神社の前の広場で素敵なアートを設置しておられました。
細かいくて 読み難いけど 素敵な文章なので 読んでくださいね。

そんな 昔は鳥と友達だった朽木で作った 鳥さんの作品たちです。

b0132746_212085.jpg


b0132746_21204673.jpg


b0132746_21205852.jpg


b0132746_21213211.jpg


b0132746_21215070.jpg


作品は もっと いっぱいあります。

そのどれもが 神社の裏で土に還りそうになっていた朽木です。

そんな木が 息をふきかえしたみたいに いろんな鳥になって 見る人を楽しませてくれています。

大阪の山 生駒 葛城 金剛の麓に住む住人同士 繋がって 大阪の山 田んぼ 畑 水を守っていけたらいいなって思います。

生駒の新緑も 玉祖神社のクスノキも 牧江さんの ”鳥のお祭りで 朽ち木が ほお”も セットで
楽しみに 訪ねて見てくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-08 21:22

嵐が来る前に 

いっぱい楽しませてもらった桜。

風は吹くたび ハラハラと雪のように舞っています。

それはそれで きれいなあーって うっとり見てますが 何だかお名残り惜しくって 写真に納めました。

b0132746_2019277.jpg


b0132746_20193973.jpg


前栽で 見つけた タチツボスミレ。 知らないところでこんなに綺麗に咲いてました。 見つけてよかった!

b0132746_202223.jpg


b0132746_20221739.jpg

もみじの花も 葉っぱの新芽と一緒に 枝の先々から一斉に噴出してきたみたいです。

先日庭で見つけた時の もみじの赤ちゃんは こんな感じ。

b0132746_20284880.jpg
 

それが しっかり手をひろげて パアになってました。
b0132746_20301962.jpg


まだ 孵化したばかりって感じのもみじの葉っぱ。
b0132746_2032198.jpg

手を広げたら どんなになるか楽しみです。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-06 20:26

里山整備 遊歩道作りしました。

幼稚園の先生と いつものKりん。 それに 頼もしいすけっとRちゃんも参加です。

先日 Tさんが一人で延長してくれてた遊歩道の続き 斜面の掃除しながら 土をかけていきます。

b0132746_16533484.jpg


斜面に 遊歩道ができると 間伐もしやすく 切った木の始末もできます。

何より 子供たちが 遊びまわって山全部が 元気になっていくのが分かります。

お昼ごはんに つくしの佃煮 よもぎの天ぷらに野草塩 豆乳しいたけ汁。  

作業の後は 余計に美味しく感じます。

早めにきりあげて またまたお花見につきあってもらいました。

b0132746_16584725.jpg

寝転んで 撮った写真。  風が吹くと桜吹雪がきれいです。



次の里山整備は 19日 金曜日です。

道作りの続きか 川の清掃をしたいと思います。 是非 参加してくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-06 17:02

母子2組遊びに来ました。 パワー全開の遊びっぷり!

月に一度は 遊びにきてくれる常連さん。

今日は あったかいを通り越して 遊んでたら汗かくほどでした。

ランチは 昨日に引き続いて 野草天ぷらと シイタケ豆乳汁と つくしの佃煮。

まずは シイタケや みつば タラを採りに 森へ。

緑のシャワーを浴びるような森。

芽吹きのパワーと 子供たちのパワーが 饗宴しています。

お昼ご飯食べてから 子供たちは 野放し状態. 子供だけの世界で 自然と遊ぶって大切。


さて どうなりますやら。

b0132746_23531674.jpg


 裸足で 田んぼへ。  それだけで すむはずのない子たちです。

b0132746_23544880.jpg


よりドロドロのところを求めて 水たまりにジャンプ!

b0132746_23582754.jpg

髪の毛もドロドロ。 もう 白い下着が 何色なのかわかりません。

b0132746_003994.jpg

泥星人と化した子供たちは・・・・・・

b0132746_02638.jpg

さすがに 寒くなってお風呂に収容されました。

ここまで 子供を自由に遊ばせてあげられる親も 素敵です。 いつも 洗濯ご苦労様。


まだまだ パワーの余ってる子供たち。

桜の木の下で おやつタイムが終わってから・・・・・・。

b0132746_083996.jpg

だんだん畑の斜面を シートで滑りやすくして 草むらにダイブします。

b0132746_010327.jpg

いろんなダイブの仕方をして また よじ登って 3人一緒に滑って また・・・いつまで 遊び続けるのかな?

その結末は 頭をごっつんこして エーンで エンデイング。 そら 足もふらふらになるわ。


そこから またまた もうひと遊びは 場所を変えて 山からのおくりもの屋さんへ

b0132746_019159.jpg


b0132746_0194414.jpg

スリル満点の ブランコに お母さんも ワ~! キャア―!

満開の桜景色をバックに 手作りブランコを 楽しませてもらいました。

結の里に来て 思いっきり遊びきった後は 家でもご機嫌状態が続くんですって。

あのパワーを 発散できる場所って 町ではなかなかないですもんね。

お金をかけて テーマパークや 遊園地や 商業施設つくるのもいいけど 結の里みたいに
子供を 自然の中で放牧できる場所が もっとふえるようにしてほしいな。

お偉いさん よろしくたのんます。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-05 00:02

千の雫主催の 野草塩ワークショップ開催

朝まだ 雨がのこる生憎の天気でしたが 大阪市内 南河内から たくさんの人が参加してくれました。

結の里 初めての母子も参加です。

雨でも 遊ぶつもりで雨具の用意もばっちりです。

さっそく 森の探検へ。

途中 千の雫のAちゃんは 足を止め 野草に夢中、 みんなに効能など熱弁しています。

いつものように 斜面をよじ登り 丸太の平均台や橋を渡り 広場に辿りつきほっと一安心。

b0132746_2164024.jpg


もう 子供たちの心に 冒険は楽しいってインプットされたみたいに どんど進みます。

b0132746_2194987.jpg

シイタケを採って ツリーハウスに入り ちょこっと沢登りしました。

風が冷たかったのに ちょっと冒険しすぎたかな?

もう少し あったかくなったら 一緒に川を登る冒険しようね。

b0132746_2113531.jpg

シイタケ みつば 甘草 よもぎ スイバ つくし・・・・ お昼に 天ぷらにしたり炒めたり。

大人気は 豆乳のシイタケ汁と つくしの佃煮。

自分で採って すぐに食べるって 美味しさ倍増です。

b0132746_21163155.jpg

お昼食べてからは Aちゃんのよもぎ塩の講習会。

その間 子供たちと田んぼや 庭で遊び よもぎもちも作りました。

b0132746_21195063.jpg

講習会終わってから みんなで桜の下で よもぎもちを食べました。

Aちゃんの 3種類のあずきが美味しくって みんな桜を愛でる余裕がありません。

b0132746_2122027.jpg

食べ終わってから シートに寝転がって 桜を見ました。

もう このままずっといてたいって思うほど 気持ちいいでした。

子供たちも 真似してねっころがって お花見です。

b0132746_2125496.jpg

おみあげのシイタケを採りに 子供たちと 再び森へ。

シイタケや みつばの美味しさを知ったので みんなおみあげにしようと 一生けん命摘みました。

ブランコも 仲良く交代でのりました。

b0132746_21272032.jpg

最後に 記念写真。  みんな ”あー 楽しかった!”って。 私も 一日遊べて 楽しかった!

千の雫さんは 5月の連休から 野草酵素作りでも 結の里を利用してくれます。

詳しくは こちらから・・・・・・ 詳細
[PR]

by yuinosato | 2013-04-03 21:29

お友達の 山からのおくりもの屋さん

結の里から 車で5分位の山の中で 山の手入れをしながら その木を生かして木工をしている

山からのおくりもの屋さん

パートナーが 役場を辞めた時 木工を始めるきっかけをつくってくれた 共通のお友達です。

結の里に遊びに来た親子も 木工作品を見せてもらうついでに 山で遊ばせてもらったり

シイタケのほだぎを切りに 来てくれたり  ブログをずっと見てくれてたり。

山作業繋がりの いい関係です。

昨夜 ”ブログ始めました。”と メールが。

何だか 嬉しくなって 今日は 取材にいきました。

b0132746_21184955.jpg

山の斜面に建っている小屋で こつこつ作業しているIさん。
なぜか 時々訪ねたくなるところです。

b0132746_2122519.jpg

プランターにも 雑誌入れにも ビンをたてておくことにもつかえるラック。

1500円です。  結の里でも 置いてます。

b0132746_21251252.jpg

月のすかしが 素敵な椅子。 どっしり しっかりしています。

b0132746_21271281.jpg
b0132746_21272255.jpg

遊び心いっぱいの 小物。

結の里にあるカニさんも 山からのおくりもの屋さん作です。

b0132746_2130167.jpg

この橋を渡って 遊歩道を行くと 大型シーソーに スリル満点のブランコ。 桜の大木もあります。

お互い 荒れた森を見て きれいにしよう!って 思い立ち コツコツ楽しみながら作業している
仲間です。

案内するので 結の里同様 よろしくね。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-02 21:35

今月の 里山整備

毎月 第2金曜日ですが 今月だけは 予定が入って 第3金曜日の19日に 変更です。

先月の 遊歩道作りの続きをしたいと 思ってます。

チルホールで 丸太を動かし  かけやで 杭を打ち 鍬で土をかぶせて道を作る。

えー! そんなこと かよわい私にできるの!?

それが みんなですると 楽しいんです。   作業の後の充実感 ”作ったどー!”を みんなで味わいたいです。

よろしくお願いします。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-02 10:56

石垣で 見つけたかわいい芽吹き

庭掃除の 手をとめてしまう春の芽吹きです。

b0132746_2074740.jpg


羽化したばかりの セミの羽みたいに しっとり手を広げずにいる もみじの赤ちゃん。

手を広げたら りっぱにもみじの葉っぱです。

b0132746_20102697.jpg


スミレの花が 石のわずかな隙間で かたまって咲いています。

石垣の ちょうど視線が合うところで 咲いてくれています。

b0132746_2012268.jpg

シダの芽吹きは 宇宙人の アンテナみたい。

やわらかな産毛につつまれて かわいいです。


庭の掃除をしてないと 見つけられない位の かわいい草花。

結の里に来たときは 見つけてあげてくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2013-04-01 20:17
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line