<   2013年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


四分の一の奇跡 再び見にいってきました。

養護学校の先生 かっこちゃんが 子供たちのすばらしさに触れ どんどん考え方がかわって本当のことに気づいていく様子を 本人が語る映画です。

目にみえないけど 存在しているすべてのものが影響しあっていること。
 
植物 動物 微生物にいたるまで 命は すべてひとつの共通の遺伝子をもっている。

子供たちの 純粋な心は 本当のことを感覚として知っていることを 映画の中で かっこちゃんがエピソード
を交えて やさしく語ります。


今回は 大阪狭山市の ”きらっとぴあ”が 主催されていました。

今回の映画会を 企画したHさんを 子宝ママさんが 紹介してくれて 素敵な出会いにワクワク。

何だか 楽しいことが 始まりそうな予感です。

四分の一の奇跡の映画が 人と人が より良く繋がって みんなひとつって感覚で助け合って生きる社会の
実現に 一役かうだろうなって思います。


いろんな所で 自主上映されているので 目にとまった時は 是非見てくださいね。







    
[PR]

by yuinosato | 2013-03-30 21:51

花盛りの結の里

朝から つくし摘み。

近所の人が 食べたことないって言うので こんな春の恵みいっぱいのところで つくしの美味しさしらないのは もったいないと 試食用にいっぱい佃煮つくりました。

家の周りは花盛り。

b0132746_11502110.jpg

庭の りゅうきんかが ピカピカ黄色い花を お日様にむけています。

b0132746_11512958.jpg


石垣のゆきやなぎの花が 風にゆれて その奥の真っ赤なつばきの花と 饗宴しています。

b0132746_11525687.jpg

すももの花と 桜。
まだ 5 6分咲きですが 小鳥が蜜を吸いにきて かわいい声にも いやされます。

b0132746_11541952.jpg

オオイヌノフグリの花。 ブルーアイっていう別名がぴったりの かわいい青の小花。
これだけ 群集していると 豪華な花束に見えます。

b0132746_11562768.jpg

らっぱ水仙のバックには すももと桜。
角度を変えてみると もっと楽しめます。

b0132746_1158574.jpg

なずなの花も カスミソウに負けない位 可憐に咲き誇っています。

b0132746_1212494.jpg

紅モクレンが 空にむかって 花の蕾をさし出しているみたい。
咲く前の エネルギーをかんじます。

b0132746_123479.jpg

土の中から 目覚めて出てきたカエルさん。
今年 初めて会いました。  土の中でいてたので 土色です。

家の周りを 春が来たあー って 喜んでうろうろしています。

一人占めは もったいないので 遊びにきてくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-30 12:10

人と人を 結ぶ 結の里

昨日は 千の雫のAちゃんが 野草塩のワークショップに使うよもぎを摘みに。

Aちゃんと 山を歩くと ”わー!ウドが!  わ―! おおばこの葉っぱのきれいなこと!”って
ひとつ ひとつの 野草に感動してくれます。

野草の効能を聞きながら 森の散策。

お昼近くに アムリタさんも合流して 大根の菜っ葉ごはん シイタケの佃煮 わけぎの酢味噌和え
スイバの炒め物と 地産地消の ランチを一緒に食べました。

そうしてるうちに 寺内町のたびもぐら夫妻が ワンちゃんつれて遊びに。

たびもぐらカフェには アムリタさんの薬草茶や 酵素ジュースのメニューがあったり ツリーハウス
の手伝いなどで お互い繋がっています。

また アムリタさんと 月に一度くらい 紙芝居や工作などして たびもぐらさんで遊ばせてほしいねって。

楽しい企画が 生まれそうです。


今日は 大阪市内の幼稚園の先生が 結の里の見学にこられました。

都会な真ん中に ある幼稚園。

子供たちに自然体験をさせたいと 熱く語られる思いに共感しました。

私も コンクリートに囲まれた環境から 少しでもたくさん自然の中で 遊ぶ機会を作ってあげてほしいと
思ったので 市内に近い知り合いの森を紹介しました。

放置された森を 必要としている人たちに繋げることができて 嬉しいでした。

同じ思いの人が 結の里に集まって 繋がって楽しいことが生まれていく。


人と自然  人と人が 繋がる憩いの空間作り。

結の里のコンセプトが 形になりそうで 嬉しい2日間でした。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-30 00:42

子宝ママさんとお仲間チーム 森の一日取材付き

久々に 子宝ママさんが 呼びかてくれて 春休みの一日6組の親子が 遊びにきてくれました。

天気予報では 雨が降るといってたので 森にシートで屋根を作り 雨でも遊ぶ気満々です。

大人が シートをはってる横で 子供チームは 木の枝や 丸太 葉っぱを集めて小屋を作り始めました。

焚火をしながら せっせと 小屋の材料を運ぶ子供たち。

b0132746_170060.jpg
b0132746_1701830.jpg
b0132746_1703727.jpg


そんな子供たちの遊ぶ様子を 今日は雑誌の取材でカメラマンが 追いかけてました。

お昼ご飯に 豆乳しいたけ汁をする為 しいたけ採りに森の奥まで探検。

b0132746_1754421.jpg


カメラマンや 取材の人が ついてこれないくらい 斜面をよじ登り 森を走り 川を渡って
自然に溶け込む子供たち。

しいたけは そのままちぎって 豆乳鍋に 投入!

やっと 顔を出したみつばも入って 森の恵みいっぱいで おいしくいただきました。


子供だけで 作り上げた小屋。

b0132746_17124585.jpg


b0132746_17131055.jpg


中に入ると 何だか安心してくつろげる空間になってます。

こんな 子供作の 小屋が あちこちにできたら 面白いな。

大きくなって 誰か大工さんになったら 森に来て ツリーハウス作ってね。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-27 17:01

きょん婆と 母子5組が 遊びにきました。

助産師 きょん婆と人生のスタートした子供たちと お母さん。

子供が大きくなっても ずっと繋がっていて 時々みんなで 結の里に遊びにきてくれます。

何だか みんな兄弟みたい。

着くなり 大張り切りのMちゃん。

お昼ごはんに チーズを溶かして パンにつける チーズフォンデューを焚火でしました。

美味しいものを食べる為に みんな焚火の薪集めに 夢中です。

おかげで 美味しいお昼ご飯を 森の中で楽しみました。


b0132746_22394946.jpg


b0132746_22402153.jpg


ご飯食べてから 森の探検の目的地は 妖精の住む切り株まで。

b0132746_22423747.jpg


妖精は お留守だったけど 森で楽しく遊んでいるみんなのこと どっかでみてたんじゃないかな?

b0132746_2244295.jpg


池につかってしまったり 斜面を滑り下りたり ブランコや 丸太の平均台して シイタケいっぱい
採って 焚火のところにもどりました。

おやつは 焼きしいたけ。

b0132746_2247949.jpg


焚火で炙るだけで 美味しい!って。 自分で採ったから余計に美味しく感じるみたいです。

つるで リース作るのに はまった子供たち。  つるが どこにどんな風にあるのか 自分で見つけて
どんどん作っていきます。

桜の枝で 写真立ても作りました。

b0132746_22515594.jpg


家に もどってからも 大根ぬいたり お花摘みしたり まだまだ遊び続けます。

自然の中で 楽しいことみつけられるって 幸せなことやなって思います。

自然からの恵みが こんな楽しい時間を過ごさせてくれてることに 感謝する一日でした。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-26 22:47

しいたけ 最盛期

日曜日 パートナーは 森へ2往復して 持てるだけしいたけを摘んできました。

b0132746_21323098.jpg


b0132746_21332794.jpg


採れたての 美味しいシイタケを 近所の人におすそ分けしたり お隣のお食事処のお客さん用に
一袋200円で 青空直売。

富田林の自然食のお店 ”暮らしや”さんにも お買い上げいただき 残りは 干ししいたけに。

一日中 せっかく採れたシイタケを 美味しいまま食べてもらおうと 奮闘してました。


パートナーは えのきの大木を チェーンソーでアートにしようと 奮闘。

仕掛けは たいそうやけど 何をどうしたいのか わからないまま。

でも 近所の人が 寄ってきてくれて よもやま話が面白いでした。


b0132746_21424253.jpg

[PR]

by yuinosato | 2013-03-25 21:43

素敵なネーミング! なりゆき工房の なりゆきやさん

ご縁繋がりで 知り合った和歌山 橋本に住んでいるなりゆきやさんご夫妻と 織物 染め 竹かご作りの玲子さん。


今日 明日 玲子さんが なりゆき工房で竹かごの 作品展をするというので アムリタさんYさんとで 行ってきました。

b0132746_21265434.jpg
b0132746_21272210.jpg


里山で やっかいもの扱いされてる竹が こんなかわいいかごになってます。

玲子さんは 晩秋に竹を 竹藪に入り伐るとこからやってられるので 竹を裂いて面取りする大変さが
想像できます。

森本商店 玲子さんのブログです。

つるかごとは また違った魅力。  是非 この技術身につけたいと思いました。

帰ってから 夕飯に 焼きしいたけ。

b0132746_21354479.jpg


思いついて 庭で火をおこせる環境にいてるって 幸せやなって。

あるものを 生かせる生活の仕方を もっと極めたいです。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-23 21:40

Mりん Yちゃんと 春を満喫

今日は 山仕事って思ってたけど Mりんが千早移住を検討していて その空家をのぞきに行きました。

梅や モクレンが咲く 山里の素敵な道を進むと いい感じの民家が。

裏山には 広葉樹の大木や 花木がいっぱい。

目の前の 空き地 道端にも つくし つくし・・・・・・。

Yちゃんも 合流して 今日は 野草摘み大会になりました。

b0132746_2194512.jpg


b0132746_21112395.jpg


売家の近くに お友達の  クラフト千早 Nさんちにも遊びに行きました。

ログハウスの素敵なおうちで ご夫婦で 手作り品を作り 畑をし 百貨店などに 出店しておられます。

田舎に移住する時の心得など 面白くお話してもらったり 手作りの品をいっぱい見せてもらったり。


帰りには 飼っている烏骨鶏の卵に ミモザの花を 大量にいただいちゃいました。

b0132746_21183425.jpg



家に帰ってから 昨日パートナーが採ってきた シイタケを干し つくしのはかまをとってお料理。

Mりんから つくしを湯がいて 干して乾燥させたら スルメみたいになると教えてもらったので
シイタケと つくし 並べて干しています。

b0132746_21213535.jpg


大量にできたシイタケは 干しシイタケにして 夏の流しそうめんの時に食べてもらおうと思います。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-21 21:15

我が家のお墓参り

集落の お墓は 其々の家の近くの山の上にあります。

昭和30年頃までは 火葬する施設まで運ばないで 土葬だったそうです。

山の上に 大きな大きな穴を掘り お葬式が終わると埋葬の為お棺をみんなでかついで 登ったそうな。


お墓は 結の里の敷地に2つあります。

昔は きっと見晴が良かったんだろうなって思う山のてっぺんにあって お墓参りが 山登りです。


お彼岸の今日 パートナーと2人で 山登り お墓参り。


自分とこの 手つかずの森見ながら もっと間伐せんとあかんなって 気になるところいっぱいです。


昔、お墓の石どうやって この山の上まで 運んだんやろう。

牛かな? 人力かな? って。   里山では みんなもっと 協力せんと生活できなかったんやろなって思いました。


b0132746_2311454.jpg


道の駅で買った ミモザの花。

かわいいので リースにしてみました。

菜の花と同じ 春の色です。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-20 23:14

今日見つけた花

ブランコの森で みつけた ミヤマカタバミ。

b0132746_22144258.jpg


森に群集して 咲いています。

うつむきかげんの 清楚な花です。


次は 畑で 見つけた匂いすみれ

菜の花の 花束を作っていると どこからか 甘いいい匂いがしてくれので 探しました。

b0132746_22173822.jpg


なぜか ここだけに 群集していい匂いを 周りにただよわせています。

いっぱい増えるように 周りをきれいにしました。
[PR]

by yuinosato | 2013-03-17 22:19
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line