<   2012年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


土曜日 くるみ保育園に見学にいきました。

以前 くるみ保育園卒園の子供達が 結の里に遊びに来てくれた時から
いちど 行って見たいと思ってました。

くるみ出身の子供達 もみじの木に登るは 丸太の梁の上を歩きまわるは。

この運動神経とバランスのよさは なんだろう?って 興味深々で行ってきました。

b0132746_134732.jpg


広い園庭には そこかしこに 丸太が横たわっていたり 木にかけてあります。

2m以上の高さの木の枝に かけてある丸太を ひょいひょいと歩いて登る子どもたち

景色のいい裏山の斜面からの景色も 気持ちいいでした。

保育は リズム遊びを全員でします。

ピアノの曲に合わせて すぐ反応して動きます。 金魚の歌の時は 手をあげて足をまっすぐに
のばして 腰の関節をゆるめるようにゆらします。

その寝姿の綺麗なこと。

1時間以上 跳んだり走ったり 縄跳びしたり 曲にあわせて 動くなかに 身体の発達に必要な
動きが しっかりはいっています。

ただ 音楽にあわせて 表現を楽しんでいるのではなく 動ける身体をつくること。

その為の 食事 睡眠を大切にしていると 園長先生からのお話しに 感動しました。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-20 23:54

3才のお友だち 山でいっぱい遊びました

お昼からのシュタイナーの勉強会の前に みんな山で遊びました。

3才のお友だち同士が3人と 1歳が一人です。

まずは 畑で大根抜き。

b0132746_062341.jpg

大きなダイコン重たいでした。

山で焚き火する為に 枯れた杉葉をいっぱい集めて燃やしている間に 遊歩道を
歩いて 池まで行きました。

池に石を投げたら ポッチャンって音としぶき面白いね。
鳥のチュルルル ってきれいな声もどこからか聞こえました。
b0132746_0135341.jpg


次は 森の奥の妖精のいるところまで 探検です。
大きな木の切り株が 小人のお家に見えたり 苔でふわふわの丸太に
妖精が遊びに来るみたいに思いました。
はるかには みんなが森の小人さんに見えたけどね。


青や赤い実を見つけ 切り株をみんなでぬいて 椎茸も採って。
森には 楽しいことがいっぱいです。

b0132746_0222943.jpg
b0132746_0231324.jpg



勇敢に探検して 帰ってきた勲章に森のつるのかんむりを頭にのせました。
手袋してたので ピースしにくかったね。
b0132746_0275425.jpg



お母さんたちが お話ししている間 ダイコンの皮むきしたり
畑で 草すべりしたり ハンモックのったり 
ブランコみたいに 揺れながら お芋も食べながら お話しするの楽しいでした。
b0132746_0341436.jpg
b0132746_0354720.jpg


森や畑で きれいやな いい音やな いい気持ち ワクワク ドキドキ
みんなと一緒に感じられて とても楽しいでした。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-17 00:14

春をさがして

雨のやみ間に 庭や石垣の掃除をしました。

雨で 石垣の苔のみどりがきれいです。

もっときれいに見えるように 周りの枯れた草をぬきました。

ゆきやなぎに 枯れたつるがからまってがんじがらめだったので 解くように掃除すると

b0132746_1314755.jpg
b0132746_1322934.jpg


もう花芽が 膨らんでいました。

春に 花がきれいに咲いたところを想像しながらの庭掃除も楽しいです。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-16 01:32

春の芽吹き 見つけました。

お昼から 雨の予報だったので 朝から家の周りの掃除をしました。

ふきのとうは まだやろなって思いながらも いつもでる場所を 注意してみると。

b0132746_23141943.jpg
b0132746_23143889.jpg


芽がでてました!

枯葉の下にかくれて 寒さをしのいでいるみたいに。

写真用に葉っぱを どけて写しました。 あちこちに顔をだしているので 踏まないように注意しながら

見つけては喜んでいました。

もう少し 大きくなってから 美味しくいただきたいと思います。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-13 23:14

Mさん家族にははのてさん家族が加わり 金剛山へ

今日も 冬晴れのいい天気。

ははのてさんも 朝から結の里に来てくれて いざ金剛山へ。

ははのてさんと お母さん Aちゃん Sちゃんは 歩いて登山。

Mファミリーと私はロープーウェーです。空中散歩してるみたいで 楽しいでした。

着いたら もう別世界。 歩き組と合流して 山頂めざしました。

b0132746_22341717.jpg
b0132746_22351557.jpg

 
下り道は そりに乗って楽チン!
 登山の人たちみんな ”かわいいね。 いいね!”って声かけてくれます。

歩いてる時も ”こんにちは!”ってご挨拶。 
 ”こんにちは! えらいね。何歳?”   ”3歳”
知らないおばちゃんから 誉められて ますます元気な笑顔のYちゃんです。

b0132746_2246492.jpg

よく歩いて お腹ぺこぺこ。
ぶな林の中の 奈良平野が一望できる広場でお昼ご飯。
ここでいっぱい そり遊びしました。

b0132746_2249536.jpg


Aちゃんや Sちゃんも一緒に そりを連結して4人で滑ったり 2人のりしたり。
 
歓声が山に響いて 登山の人もニコニコ顔でみてくれます。

1歳のHちゃんも挑戦です。 貸し切りゲレンデで 大満足のはるかです。

b0132746_2325298.jpg

頂上にあった 雪のおうち かまくらに入って 記念写真。
結の里にいっぱい雪ふったら みんなで作りたいな。

b0132746_236827.jpg

ロープーウェーまでの 帰り道。
そりにのるYちゃん。 ひっぱるパパ。 Hちゃんをおんぶするお母さん。
こんな家族での 休日いいな。 
雪がきらきら光って 大きな木がそびえていて 風が気持ち良くて。

家に帰って パートナーに ”楽しかった。 昔を思い出したわ。”っていったら 
”孫と 遊んでるみたいやな。”っていわれてしまいました。

 結の里で はるかと遊んでくれるかわいい孫たちと 又 金剛山に行きたいです。

そり遊びの様子等 ははのてさんのブログもみてください。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-12 22:35

Mさん家族 泊まりがけで遊びに来ています。

シュタイナーの勉強会に熱心に 来てくれているMさん。

今日は パパさんも一緒に 遊びにきてくれました。

朝の冷え込みで 田んぼの水たまりは氷りで バリバリ。 山には霜柱。

Yちゃんの体重では 田んぼの氷りが割れなくて スケートできそうです。

b0132746_22413824.jpg

b0132746_22421288.jpg


昨日 開通した遊歩道を歩いて 今度は池に行きました。
池に小石を 投げたらポチョン 少し大きな石を投げたらドボン。
楽しくて 自分まで池にドボンしそうなくらいです。
b0132746_2244747.jpg
b0132746_22444128.jpg


次は 草いちごのあるところへ。
前に 食べたこと その味まで覚えていて もう座りこんで食べちゃいました。
お父さんも 一緒に食べてくれて嬉しかったね。
b0132746_22542535.jpg


午前中の最後は 大阪平野が見渡せる山まで。
お腹もすきましたが 何回も大きな声で ”ヤッホー!”って叫びました。


お昼からは 焚き火をしながら 田んぼや畑で遊びました。
おなかいっぱいになって お母さんがハンモックで寝ていたら 
Yちゃん 揺らしながら ”ゆりかごの うーたをー”って子守唄歌ってました。
お母さん 幸せやなー。
b0132746_2331485.jpg


弟のHちゃんも 行動開始!
草すべり 服がどろどろになるまで 何回も挑戦します。
急な斜面も にこにこ顔ですべります。

パパさんが 田んぼの氷割りに夢中になってる時も 藁の上で藁と遊んでいました。
b0132746_239219.jpg
b0132746_2394845.jpg


お日さまが沈むまで 焚き火でマシュマロやいたり ダッチオーブン 焼きいもしてました。

日が沈んでからは ログでつるかご作りの講習会。

おみあげのつるかごが 編みあがった頃にダッチオーブン料理も出来上がり。

いっぱい遊んだので美味しかったことでしょう。

明日は ははのてさんと合流して 金剛山で雪遊びします。
きれいな樹氷が見られますように。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-11 22:39

里山整備の日

月二回きてくれるTさん みどりさん チッチ 私 の4人で 遊歩道を造りました。

斜面を横切るように道をつける為 丸太を横に据えます。

b0132746_0315410.jpg

どうしても 邪魔になる切り株を3人でぬいているところ。

b0132746_0332384.jpg

掘っても 根を切ってもぬけないので みどりさんが蹴っているところ。
3人トリオの作業風景が なぜか可笑しくて 笑いながら写真撮りました。

斜面に根をはり 風雪に耐えてきたヒノキの切り株に ”ご苦労さん 土にかえってね”って
声かけながら みんなで力をあわせて 無事ぬけました。

b0132746_04007.jpg

道に据える丸太を 斜面の下から チルホールで引っぱりあげます。

”チルホール使えて 丸太運んで 遊歩道造れる主婦って そういないよね”って
自分のしていることが 可笑しくて3人のおばちゃんにつられて Tさんも笑います。

夕方には 滑って歩けなかった斜面に 道ができました。

仕事に来ていたけんちゃんたちと 人と人が繋がるワクワクした話しをしながら 
焼きいもを食べ 快い疲れを感じました。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-11 00:34

千早在住の 村おこし仲間を紹介します。

Kちゃんは 美容師さんで登山家。
毎年 一ヶ月位かけて ヒマラヤなどの山登りに挑戦しています。
山にめざめたきっかけも ドラマッチックなので ブログ 是非みてください。

Kちゃんのパートナー Nさん。
千早に移住してから 村に馴染むため努力してきました。
自分の夢を実現する活動を 始動中です。
その一環で 結の里でワークショップをすることになりました。

 **********************************************************************     

 ビジョンマップのワークショップ
   
    ~心のままに 楽しいままに ワクワク宝もん探し~
  

日時 3月20日 です。 

  自分の中にある夢ややりたいことに気づき 声にだし形に表すことで
現実化していくワークショップです。

申込み 詳細は  こちら  まで。


***********************************************************************

田舎くらしに憧れ 自然の中での暮らしを 望む若者がふえています。

千早にも これまで移住した若者がいて 応援してきました。

でも 村に馴染むまでに ギブアップしてしまうケースがおおい中 彼らはもう6年?腰をすえて村の住人
になっています。

これから 結の里も 同じ思いの人たちとネットワークをもちながら 地域の為 子どもたちの未来の為
活動していきます。

みなさんも どんどん繋がってくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-10 01:25

この一週間をふりかえって

土曜日の 結の里もちより市
 
 土曜宿泊で 日曜日の ツリーハウスプロジェクト

   火曜日~水曜日 阪南大学生と千早古道の整備

それらと 準備と片付け

忙しかったけど 沢山の人が結の里で 集い 森が喜ぶような
 次に繋がる活動をしてくれました。

次々と 人と人 人と自然が 結ばれていく。

   結の里を始めた時の思いが 形になって表れた一週間でした。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-09 23:52

千早古道整備 二日目

幸い雨はあがったものの 気温が低くて風も強いなかの作業になりました。

朝から おにぎり ロールサンドの軽食を作って 9時に出発です。

今日は 来村先生が 安全に歩ける道を地図を頼りに切り開こうという号令のもと
 いざ出発!

もちろん 先頭は先生。 張り切って先頭に立つ姿に 学生は引っぱられ信頼してついて行きます。

時々 ”はい 並んで”と 写真を撮る姿
b0132746_0185752.jpg


と 撮られる学生です。
b0132746_0202124.jpg


これから 先は危険な斜面の道を迂回するために 尾根筋の道を開拓すること二度三度
尾根筋を間違えたり 急の斜面にドキドキしたり。
b0132746_026565.jpg


迷う度先生が ”ここで待っとけよ”と ブッシュの中に消えて地形の確認に走ります。

雪もちらちらふる山の中で 奮闘した結果 結の里から ゆっくり3時間ほどで千早古道を歩き
ぐるっとまわって帰れるルートができました。

家に到着して学生が ”一泊しただけやのに 家に帰ってきたみたいにほっとする。”ってもらしました。
冷えた身体に 味噌煮込みうどん。  みんな お疲れ様の気持ちをこめて作りました。

3月末には "千早古道を歩こう。~郷土の歴史を知ろう~”という企画で 
道を開拓してくれた学生と地元の人が 一緒に歩くイベントをします。

 考古学専門の来村先生の期待してた山城跡は発掘できなかったけど 
これから 地域にあるお宝が発掘されていく予感がします。

今日開通した道 結の里に来る人たちとも 楽しみたいです。
 
[PR]

by yuinosato | 2012-02-09 00:20
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line