<   2011年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧


田んぼの水がぬけないように

b0132746_18124545.jpg

b0132746_18124536.jpg

くわの裏で 強く泥を押さえて 固めます。畦作り見習いのパートナーも おいしい棚田米を食べる為に
頑張ってました。 夕方には 上から順番に 水入れ完了。 段々池に周りの木立が映ります。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-31 18:12

田植えの準備

b0132746_10331213.jpg

b0132746_1033123.jpg

昨日までの雨で川の水量がふえたので 勢いよく 田んぼに水が入ってます。 お隣のTさんに 畦の作り方を教わってるパートナー。 水を含んだ泥を 掻き上げるのは 重労働。 二人とも 時折 腰を伸ばして叩きながら 作業しています。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-31 10:33

山の見回り

b0132746_10552514.jpg

b0132746_10552573.jpg

b0132746_10552594.jpg

昨夜の雨で 崩れたところないか 奥の山まで行きました。 水かさが増して 滝のようになったり 渓流のように水音をたてていました。 でも 苦労して作った遊歩道は 何ともありません。 雨に濡れた 木々の緑が 香っていました。 ハナイカダの葉っぱの上には もう緑の実がついています。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-30 10:55

森から大雨がふってる音がするので

b0132746_9334181.jpg

b0132746_9334171.jpg

川の流れの音が 家まで聞こえてきます。ザァーザァーと 森に入ると いつもの静けさがなく 道の横の用水路も あふれんばかりです。 2日前に紹介した池のよこに石組された川が 滝になってました。なるほど 石にしてないと 一度に地形が変わりそうな 水の勢いです。 杉 桧の山になって下草が生えず 保水力がなくなった為 大雨はそのまま地表の土砂と一緒に 山肌を流れてきます。 ホタルの餌のカワニナも この流れでは生息できないな と思いました。 間伐して 下草生やして 広葉樹を殖やして。大雨でも 地面に染み込んでいく森を作らないと。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-30 09:33

この実の名前

b0132746_1751212.jpg

先日のブログで ノイバラと紹介しましたが 間違いです。 クサイチゴです。 実は 食べられます。 お日さまの当たる斜面に いっばいなってます。 今まで 刺がチクチクするので嫌いな草でしたが これから見方が変わりそう。山で 食べるもの見つける楽しみが ひとつふえました。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-29 17:05

雨の日の内職

b0132746_16565849.jpg

b0132746_16565815.jpg

今日は朝から 時折雨足が強くなる 作業にはあいにくの天気。 そこで来月 11日 12日に富田林の寺内町で 農とクラフトフェアに出店する 小物作りをしました。 桜の小枝を 色鉛筆に見立てて カッターで削るのが パートナーの分担で 私は ぶら下げるようにネジをつけました。桜の木の肌が 手の油で光ってきます。単純作業をコツコツしました。 剪定して燃やされる桜の枝が 可愛い小物になりました。 クラフトフェアでは チェーンソーアートの作品を 並べて つるでわっかを作って輪投げをして遊びたいなと思ってます。 色んな企画と 農業と林業に関わる団体が出店するそうなので 覗いて見てくださいね。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-29 16:56

田んぼに水を入れるために

b0132746_1144573.jpg

正面に ため池の堤の石垣があります。
ひでりの時の為に 川の水を一定量貯めておくため池を昔の人は機械を使わず 石を積み上げ
土を盛り作りました。
昔の農業土木の技術は自然に逆らわず 恵みを利用させていただいている 里山の知恵の極みです。
 ’どびをぬく ’といって池の底に土管が通っていて 木の栓をぬくと池の底に溜まった栄養たっぷりの
泥が水と一緒に田んぼに流れます。
少し前まで 刈り入れが終わったら池の掃除を兼ねて どびぬきの作業が行われていました。
肥料を買わなくでも 森の恵みを利用してたんです。
今は田んぼに水を入れるように 用水路に水を導きいれてます。

b0132746_11445794.jpg

池の堤の横の川
川をせき止めたので 流れが急になり土砂で山をけずらないように 石組みしてあります。
コンクリートでなく これも再生可能な自然と調和した里山に生きる知恵です。

b0132746_11445746.jpg

田んぼに続く森の中の用水路
草刈りして 土をかきだし 朝 昼 晩と水の管理をして 田んぼの世話をします。
山の水でできる棚田米。
おいしいはずです。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-28 11:44

田んぼに水が入り始めました。

b0132746_1674987.jpg

水の流れを、川から 用水路へ導き入れて 田んぼが池のようになっていきます。 田んぼの底は 粘土の土を踏み固めていて 周りに泥の土で 畦を作って水をぬけないようにします。 棚田のきれいな風景は お百姓さんの くわ一本で作りあげる腰の痛くなる作業の賜物です。明日からの雨で 結の里の周りは初夏の景色に 変わります。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-26 16:07

山の草刈り

b0132746_12131326.jpg

b0132746_12131456.jpg

間伐が すすんで山にお日さまの光がはいってきたので 草が勢いよく伸びています。 手入れのしていない杉 桧の人工林は 真っ暗で 下草が何も生えていません。 上からその森を見たら 木の葉で緑だけどその下は 土がむき出し。この状態を緑の砂漠といって 生き物の気配が感じられません。 草が生える元気な森になったのはいいけど 人が入れなくなるので 草刈りしています。そこでノイバラの赤いルビーみたいな可愛い実が いっぱい群生していました。摘んで食べたらおいしかったって パートナーが。私は ちゃんと本で調べてから食べようと思います。 昨日につづいて ルビーみたいな きれいな実に出会えました。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-26 12:13

竹の皮のかごの変身

b0132746_225191.jpg

日曜日に遊びに来た Nさんが 変わり果てた竹の皮で作った入れ物の写真送ってくれました。切り干し大根みたいになっちゃてますね。 竹の皮を上手く使うには まだまだ修行が足りない。 昔の人の知恵を 知りたいです。
[PR]

by yuinosato | 2011-05-25 22:05
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line