岸和田女性センターの センターまつりで歌ってきました。


2か月に一度 懐かしい歌を歌ったりゲームをして楽しんでるクラブの発表にいってきました。

其々 センターで活動しているグル―プの 発表や販売があって 大賑わい。

”はらっぱ”っていう 自然観察のグループの作品がかわいくて。

b0132746_19051773.jpg


材料
b0132746_19045326.jpg
材料は周りにいっぱいあるので 自分でも作りたいと思います。

見本に買ってきたので 飾っておきますね。


 先日 まどみちおさんが亡くなったので みんなで みちおさんの曲を歌おうと 調べてみると。

ぞうさん やぎさんゆうびん  ふしぎなポケット 一年生になったら・・・・・

好きな曲がいっぱいで 驚きました。

♪♪  ぞうさん ♪♪

    ぞうさん ぞうさん お鼻がながいのね。

        そうよ 母さんもながいのよ。

     ぞうさん ぞうさん だれがすきなの。

         あのね 母さんがすきなのよ。



この曲に込めた まどみちおさんの思いに 感動しました。

  ~ ~  ぞうの子が 鼻が長いねと 悪口を言われた時に しょげたり 腹をたてたりする代わりに
       一番大好きな 母さんも長いのよって 誇りを持って答えた。

       それは ぞうがぞうとして生かされてることが すばらしいと思っているからです。
       だから この歌は ぞうに生まれて うれしいぞうの歌と思われがってます。

       目の色が違うから 肌の色が違うから素晴らしい 違うから仲良くしよう ということです。~ ~

まどみちおさんは 1906年生まれ。

 この曲を発表したときは まだ戦後まもない頃 その時代に こんな思いを込めて子供たちの童謡を作っていたことに感動です。


まどみちおワールドにはまってしまって すてきな詩をみつけました。

クリックしてください。 → よかったな っていう詩です。

今日のセンターでの発表の時も まどみちおおじいちゃんの思いを 伝えることができて よかったです。





[PR]

by yuinosato | 2014-03-02 19:25
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line