梅干しの食べ比べ会に行ってきました。

会場は 結の里に度々足を運んでくれるNさんの自宅です。

Nさんは 苔大好き、植物や樹木のこともよく知っているナチュラルな方です。

梅あそびいこら”というグループで 和歌山の放置されていた梅林をみんなで手入れして
楽しみながら 自然とふれあって 試食会も毎年開催しておられます。

その梅林の 持ち主が 私の大学時代からの知り合いだったりして ご縁が繋がっています。

試食会には 結の里のおのじみさんが 集合していました。

棚には17種類の梅干しがずらり!

b0132746_2293329.jpg
b0132746_2295664.jpg


ひとつずつ どこの梅 どこの塩 塩分濃度 と 説明があります。
と いうことは 17種類の梅干しを漬けているということ!

Nさんと Yさん曰く 梅干しのシーズン 6月は出来るだけ外出の予定はいれずに
梅干しの世話をするのが 楽しみだそうです。

b0132746_22143966.jpg

わいわい おしゃべりしているうちにお昼になり 土鍋で炊いてくれたご飯を片手に
17種類の梅干しを 味わいます。

私はお腹がすいていて ごはんがおいしくてゆっくり食べ比べする余裕なく食べてしまいました。

お腹が 落ちついてから 梅の産地 塩の産地の違いを確かめてみました。

食べくらべれば なるほど違います。 

今年は 結の里でしそを植え 梅の収穫もして 梅干しみんなで作りたいな と 思いました。
[PR]

by yuinosato | 2012-02-23 22:08
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line