米には宇宙の秩序が宿っている。

野草料理の 若林友子さん。
京都綾部の古民家で 野草が語る未来の生き方を 野草料理教室や自らの食養人生をとおして
伝えてるおばあちゃんです。

日本人本来の奥深い知恵を衣食住の全てに渡って実践されています。

若杉おばあちゃんのお米の話しが 素敵なので紹介します。

長いけど 読んでみてね。

       ***********************************************

  日本は瑞穂の国、穀物の実る国、穀物で命を作る国なんやで。
  
  だから米と水と塩を 毎日神棚に上げて祭っとるんよ。

  米に水を入れて火で炊くと 「ご飯」になって、それに塩を添えたら 「生きられる」と、日本の
  先祖は米を食べる道を子孫に教えてるだよ。

  日本人は米を噛む民族やから咀嚼(そしゃく)するあごを 「こめかみ」とよび、「歯」も口の中に
  米を止めると書き、口で米を止めて「噛む」。

  米は単に食糧というだけやないんよ。

  米からできた血が体を作り、日本の精神を作り、大和魂を作ってきたんやで。

  お米というのは「一粒の米にも三体の神宿る」って言ってね、それほど尊いから、昔の人は子
  どもに「お米を粗末にしたら、目がつぶれる。」と 繰り返し教えたんやね。

  米にはこれこれの栄養があるなんて次元どころか、命のルーツと言ってもいいくらいなもんよ。

  八十八の「米寿」は 米を食べて長生きしてめでたいから祝うんよ。

  米から離れると道に外れて「迷う」になっちゃう。

  穀物は人類の歴史と運命の鍵をにぎっとるんやで。


           若草友子の野草料理教室     (若草友子の本を作る会)より抜粋


    *************************************************
この本には 野草のお料理の仕方はもちろん 野草から命をいただき
自然と共に生きる心にも 触れられます。

私も少しずつ 実践していきたこと満載の本です。
[PR]

by yuinosato | 2011-12-03 17:38
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line