粉砂糖ふりかけたみたいな雪景色

b0132746_782486.jpg

b0132746_782490.jpg

朝 娘を駅まで車で送っていったら 道に掲示している気温 −3度! 車の窓に積もった雪をお湯でとかしても すぐ氷がはります。 景色は又冬に逆戻り。でも 5分も走らないうちに雪はどこにも見当たらなくなります。 町では雪をかぶって走る車が 千早の人だってすぐに分かります。 大雪の時 10センチも20センチも屋根に雪を乗せて 町におりると大注目。 小学生なんか指さして うらやましそうにしてます。 近所の人は それが格好悪いと雪を全部落としてから出かけますが 私は反対。 自慢気に注目されながら 雪をなるだけ落とさないように どこまで行けるか 子供が小さい頃ドライブしたこともあるほどです。 お日さまがでたら綿菓子のようにとけてしまう なごり雪。 もう 充分見たので今年の雪はおしまいでいいです。
[PR]

by yuinosato | 2011-03-10 07:08
line

大阪府唯一の村、千早赤阪村で里山を舞台とした活動を始めている結の里の情報ブログです。


by yuinosato
line